2014年09月06日

紛セン アラ!#3

ども、最近眠気が取れないkobaです。
新聞配達で寝過ごし、帰ってから病院行くまでの時間に寝てしまいあわや診察時間に間に合わなくなる所でした。
かといって昼に寝ると夜寝られなくなるというトラップ付。

さて、ちょっと経ってしまいましたが1日に行った交通事故紛争処理センターのお話を。

当日は、朝一でリハビリに行ったものの、病院が若干混んでて、さらにガソリン入れたり飲み物買うなどして何かと手間取り出発したのが10時半。
高速をかっ飛ばして2時間ほどで広島インターに到着。
途中タイヤが破裂したトラックがいて、タイヤの破片が飛び散っていたのが衝撃でした。
空気圧は十分注意しないといけないですね。

少し時間もあったので、インター近くのフタバ図書の中のゲーセンでmaimai遊んだりとかした後、紛センのある紙屋町に移動。
駐車場高いなぁ〜、とかぐるぐる回ってゲーセンの近くにあった30分180円の立体駐車場に車を置き移動。
紛センの入っているビルは車から分かったので歩いていき中へ入る。
約束の時間の15分前に到着。
ビルの5階でエレベータを出ると目の前でした。

140906_11.jpg

正直、何もないなぁ、という印象。
広い部屋の割には閑散とした雰囲気で、中には女の人が1人だけ席に座って電話応対していました。
電話が終わった後軽く会釈をし、「今日の1時半から予約をしていたkobaですけど」と言うと受付横にある椅子のある机に座ってくれと言われ、そこで電話で持ってきてくれと言われ資料を渡します。
軽くチェックした後「ちょっと確認するので、待合室で待ってください」と言われ入り口から左にある仕切りのある部屋に案内されました。

140906_10.jpg

8畳くらいの広さでテーブルを囲って長いすが4つ置かれていました。
壁には写真のように利用案内のパネルとカレンダーが。
てか9月入ってるのにカレンダーめくられてないYO!

ちょっと置いて「kobaさん、こちらへどうぞ」と言われ、また最初に座った受付横の机の場所に。
そこで、係員がチェックシートを取り出し「今回提出される資料はこちらのものとなりますが、間違いありませんか?」と聞かれ、間違いないことを告げる。
「こちらは必要ありませんのでお返しします」
と言われ、診療報酬明細書を渡される…いらなかったか。
「では、頂いた資料を精査しますので待合室にてお待ちください」
という事で再び待合室へ。

…ここからが長かった…。
戻ってみると待合室に2人の女性が座っていました。
どちらも自分と同じ申立人のようで、1人は弁護士がチョコチョコ部屋にやってきて
「明細書持ってない?」「これは?」「いや、これもらってる、必要ない」
などと会話をしていました。
もう1人は特に動く様子もなく椅子に座ってじっとしてます。
途中「kobaさん、2時からの予定だったんだけど今弁護士が前の人との話し合いが終わらないのでもうちょっと待っててください」と係員が声かけにきたり。
弁護士と話していた1人がいなくなり、もう1人も別の弁護士に呼ばれ、1人なったなーと思った矢先、部屋内のインターホンから「kobaさん、第1談話室にお進みください」と言われる。

紛センの中はいくつか仕切っている部屋があり自分が入っていた申立人用待合室の他、相手方待合室、談話室が3部屋ほどがありました。
係員が「そこの一番左の部屋です」と第1談話室の場所を教えてくれ、入ってみると…

さっき待合室に出入りしていた弁護士さんでした。
弁護士から資料の確認と示談の計算書を確認しながら
「これ、計算が合わないですね…ちょっと計算しなおしてみましょうか」
と電卓を取り出しパチパチ叩き、
「やはり4万円ほど足りませんね…これも次回保険屋さんで聴いて見ましょうか」
などと言っておりました。
「こちらからだと弁護士基準での請求ができます。大体70万くらいにはなるんじゃないですかね。」
とのことなので
「お願いします」
と答えると
「じゃあ次はいつにしましょうか…11日とかどうですか?あとは22日も空いてますけど」

早やっ!

ネットでは2ヶ月くらい待たされるって書いてたのに…おかしい!違う!

「いや、さすがに相手が時間なさ過ぎて対処できないんじゃ…?」
「いえいえ、こちらの提案を持ち帰るだけですから、大丈夫ですよ」

ということで押し切られる形で次回11日になりました。
まぁ早いに越した事はないんだけど…。

1時間ほど待たされて、実際の話は15分ほどで終了。
大きい病院の待合室にいる気分でした。

その後別ブログでお世話になっている懐パソ仲間の人が安佐北区に住んでるという事で安佐北区のココスで待ち合わせて懐パソ談義に花を開かせてました。
こちらは懐パソブログにて。
途中一番被害がひどいとされている安佐南区の八木地区を通っていきましたが、国道54号線から山肌がえぐれている様が見渡せて凄かったです。
すぐ下に家が建ってるんですね…しかも小さな土砂の流れている後が何ヶ所も…。
この日も紛セン出た途端に豪雨が降ってきましたが、気が気じゃないんだろうなぁ、と感じました。
水不足になるのも困り者ですが、雨が降りすぎても危険なわけで…なかなか難しいものです。

ご覧いただきありがとうございます!
↓ポチッと押せば金運アップ…するかも?↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村
posted by koba at 19:35| Comment(0) | 事故(2013年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。