2014年08月15日

お墓参りと叔父

ども、お盆は巡回警備2日&駐車場のkobaです。
巡回警備がまた微妙に暇なんよねー。

昨日は仕事を休んで家族で父の弟→母実家→父実家の順でお墓参りに行くという工程で出かける予定でした。
その朝、前日に母実家に行ってお墓参りしてくるといった従妹からLINEが来ました。

140816_03.jpg

140815_04.jpg

…と、相当自身を責めている内容だったので、バチなんて当たらない、おばあちゃんには自分が従妹のことをちゃんと見るように伝えるから安心しろ、といった内容を書いて出発。

従妹の事情を書いておくと、叔父は祖父・祖母他界後、母実家を継いで小さい集落に住んでいるのですが、叔母が過去に近所の家に盗みを働いてそれがバレてしまった為に、従妹自身近所の人からいじめに近い扱いを受けていた模様。
従妹は看護学校卒業後、母実家より40分ほど離れた病院の寮に住む形で実家を出て1人暮らし(現在はアパートを借りている)、叔母は重度の糖尿病で母実家と従妹の家の中間地点くらいの町の病院に入院中。母実家には叔父と従弟が2人で住んでいます。

母実家に到着、線香を上げて、しばし叔父と飯を食いながら歓談。
従弟は仕事のため不在。
この母実家も相当ガタが来ていて、奥の間の床はボコボコ、風呂は壊れてシャワーしか使えず、台所は掃除しないから油汚れでベタベタ、トイレ前の廊下は所々穴が開いて、汲み取りの式のトイレは相当に汚物が溜まっている状態。
いい加減直すか引っ越すかしないと、家がいつ倒壊してもおかしくないレベルなのだが、叔父もジリ貧なので直そうという気がない(本人は仕事が忙しくてなかなか手が付けられない、といった言い方をしているが)。
ちょっこっと牽制球を投げる形で
「いいかげん、この家直さんの?いつ潰れてもおかしゅうねぇよ?」
と言ってみると、
「そうじゃなぁ、まぁあと20年は大丈夫じゃろ!はははは!」
と返してきて半ば呆れてしまった。(=_=;
あと20年…叔父は60過ぎ…死ぬまで直す気はないぞ、という意思なんだろうか。
先祖代々の土地とは言うが、それは命あってのものだねで、倒壊して押しつぶされて死んでしまっては元も子も無いだろうに…従妹だって過呼吸起こすほど体が拒絶してしまっている土地なのに、自分の娘の事とかどうも思ってないのかな、とか色々考えたが、自分の親もいるのでこの場で言うのは抑えました。
ただ、もう少しして準備が整えば、1人で叔父話してみたいとは思っています。

聞いた話だと17日に従妹が墓参りリベンジするそうで。
やっぱ自分で来ないと気がすまないのか…。
そこまで律儀に来なくてもいいだろうに…うちの母方の家系は思考が真っ直ぐだからなぁ…。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村
posted by koba at 17:18| Comment(2) | 親戚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の母も岡山で、おばあちゃんの家が岡山なのです。
方言が懐かしい・・・おばーーちゃーーーん
それはおいといて・・・
親戚や集落といったつきあいはいいところ悪いところがありますよね。
従妹さんもたいへんな思いをされたのですね。
過呼吸になるなんて・・・
お墓参り、少し落ち着いて時期をずらしてからでもいいような気もしますよね。
kobaさんを頼りにされてるようなので、一緒に行けるときにいけたら・・・くらいの軽い感じでも、ご先祖様はわかってくださるのでは、と、私も思います。
Posted by ララ at 2014年08月16日 21:57
>ララさん
おぉーララさんかぁ、いつもコメントぎょーさん書いてくれて、ありがとうのぉ。
おめぇんとこの旦那は、ちーとばぁおかしいとこあるけぇ、おめぇもあんま気ばーもんじゃぁおえんでぇ?
まぁ、茶ぁでも飲んでゆっくりせられぇー。

…ちょっと無理あるか?(^^;

自分も借金やら持病やら抱えて大変だねとか言われますが、うちの親戚周りの方がもっと大変だったりするので「そう?」くらいにしか思ってないのがいいのか悪いのか…。

上記に書いた通り叔母がかなりアレな人なので、叔父や従妹も相当苦労したみたいです。
お墓参りは去年の春に1回一緒に行ったんですが、やはりかなりしんどそうにしていました。
それ以降は別行動ですね。自分も家族連れて行ったりしますんで。
お互いが休みが不定期な事もあってなかなか合いません。
従妹も県北なのでうちから距離もありますし、仕事がうまく行ってないとか愚痴も聞くのでいっそこっちに来たらいいのにとか思いますけどねー。
Posted by koba at 2014年08月19日 16:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。