2014年12月27日

救急車に運ばれました#1

久々にネタらしいネタができたので更新、のkobaです。
ネタはタイトルどおりです。
はい、初救急車でした。

事の経緯を。
昨日の夜10時半ごろのお話です。
自分は晩御飯は近所の実家に自転車で行って食った後自分のアパートに戻って寝ています。
いつものように、飯を食ってたんですが、どうも腹具合がおかしい。痛い。
その場でトイレに行けば良かったんですが、実家の便器が和式。しゃがむわけです。
対してアパートのトイレは洋式。
場所も近いし飯食って帰ってトイレ行けばいいや、と全部平らげました。
ちなみにうちの母親、自分は食わないくせに人にはやたら大量に出してきます。
ご飯だけならまだいいんですが、その後に「食後のパン(既におかしい)」「コーヒー」「健康のためのオリーブオイル入り味噌汁」を出してきます。
朝は食わず、昼は6個入りバターロールだけの食生活なので、栄養の事も考えて自分も出されるままに食べていました。

全部平らげた後自転車に乗ってトイレ行きたさに急いでいる最中、ふと「ふわっ」とした感覚が襲ってきました。
ふと気が付くと男の人の「大丈夫ですか!?」と声が聞こえてきました。
実家からアパートに帰る途中緩い下りの坂を降り電気屋の角を左に曲がるのですが、そこの反対側にある駐車場で倒れていました。
どうやって倒れたとかぶつかった時の衝撃は記憶にありません。
感覚的にはなぜかその駐車場で自転車倒して寝てた状態です。
男の人が「大丈夫ですか?救急車呼びましょうか?」と言う声を尻目に体も動くし痛みらしい痛みもないので
「大丈夫です、大丈夫です」と自転車を起こし、乗って行こうとすると再び「ふわっ」とした感覚が襲ってきてまた倒れてしまいました。今度は倒れた感覚はありました。
「大丈夫じゃないですよ!救急車呼びましょう!うちすぐそこなのでこちらに来てください」と男の人に肩を貸してもらいその人の家に行きました。
とりあえず腹はまだ痛かったので「すみません、トイレ貸してください」といって中でしばらくきばっていました。
途中何度か男の人から「大丈夫ですか?大丈夫ですか?」という声に「大丈夫です、大丈夫です」と返事しながらようやくすっきりして出てきました。
トイレが玄関のすぐ近くだったのですが、トイレから出ると近所の人数人がその玄関に集まっていました。
「もうすぐ救急車来ますから、そこに座っていてください」ということで玄関に座っていました。
よく見ると左足のつま先から血がにじんでいました。
トイレですっきりして落ち着いたのか、左足を中心に数ヶ所傷みが出てきました。
近所の人の話によるとどうも駐車場の隣にあった家のガラスをぶつかった際に割ってしまったらしく、大丈夫怪我はない?などと心配されました。
血が確認できるのが左足のつま先だけで頭から血とかは出ていないのでどこをぶつけてガラス割ったのかは不明です。
そして救急車が到着。普通に立てましたが「ストレッチャーに乗ってください」と言われストレッチャーに乗り救急車に収容されました。
救急隊員や事故の知らせを受けてきた警官から名前や電話番号を聞かれ、そこでいつもズボンのポケットに入れている財布と携帯電話がないことに気づきました。
どうやら早くトイレに行きたいあまり忘れて実家を出てしまったようでした。

長いので続く(^^;
あ、今は家に帰っておりますのでご心配なく。足痛いですけど。

ご覧いただきありがとうございます!
↓ポチッと押せば金運アップ…するかも?↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


posted by koba at 19:59| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。