2014年12月06日

自賠責治療終了

ども、さくらのブログが障害発生で懐パソブログ更新できないkobaです。

さて、久々に事故のお話。
今年の追突事故が起きたのが5月の末。
11月末で6ヶ月を迎えました。

往々にして保険屋が治療費保障してくれるのが6ヶ月。
9〜11月の休業損害の請求を12月頭に出していた事もあり、そろそろ来るかなぁ…と思ったら昨日の夕方に電話がかかってきました。

担当「お世話になります、あいおいニッセイ同和損保の○○です。」
koba「お世話になります。」
「先日提出いただいた休業損害の申請書確認しました。15日間ということで12万円お支払いいたします。現在手続きに入ってますので来週には振込みされると思います。」
「はい、ありがとうございます。」
「あと、治療の件ですが、先日当社のスタッフが、koba様の治療されている病院でお話を伺ったんですが。」
「はぁ。」
「治療についてはこれ以上は良くはならないという事で、症状固定との診断をされているそうです。」
「はい。」
「また、原因については以前の事故によるものであって、今回の件では影響が無いということだそうで。」
「え!?」
「当方としては来週をもって保障を打ち切らせていただきたいと思いますが。」
「…。」
「治療が終了しましたら書類を送りますので、確認いただければと思います。」
「了解しました。あ、父親の件はどうでしょう?」
「お父様の方はまだ主治医の方に話を伺っておりませんので、また改めてという事になりますが、状況から考えてkoba様と同等に扱おうかと考えております。」
「了解しました、そのように伝えておきます。」
「はい、よろしくお願いします。」


…という事で、ちょっと心外な展開に若干驚きを隠せない状況です。
まぁ、今日の治療で主治医の先生には「今回の事故が影響ないことは絶対無い!」と主張してきましたが。
明らかに以前の事故から痛みはひどくなっているし、痛いからまめに通院している訳ですから。
主治医の先生は「後遺障害申請するなら診断書書きますよ」的な対応だったので、後遺障害診断書に不利な事を書かれる心配はなさそうですが…昨日の時点では1回目の病院と変えるべきだったかなと後悔しておりました。
というか保険屋はこちらに不利な意見書出してくる気満々なので、絶対被害者請求ですね。

親父の方は今日聞いて見たところ、主治医に「良くなった」と話していたそうで…これはゴネても無駄に終わりそう(後遺障害申請しても診断書に「治癒」と書かれると認定は難しいです)。
という事で親父の分は後遺障害申請はせず、自分の分だけ行う予定です。
粉センはどうしようかなぁ…お好み焼き食いに行くか?とかいえば来るかな?(^^;

ご覧いただきありがとうございます!
↓ポチッと押せば金運アップ…するかも?↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村
posted by koba at 19:38| Comment(2) | 事故(2014年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。