2014年12月10日

ちょっとイラッときた

…ので更新。どうもkobaです。

後遺障害認定の申請を行うのに相手の自賠責の保険会社を知る必要が合ったので、相手に直接電話しました。
保険による治療が今週で終わる事、状態が良くないので後遺障害の申請をする事などを話して、相手の自賠責の保険会社と連絡先を聞こうとしたのですが。
「ちょっとかけ直します」
と言って相手が切り、10分後なぜかあいおい同和の担当から電話がかかってきました。
7時前に電話したんだけどまだ仕事してたんですね。お疲れ様です。
「相手の方からkoba様から電話があってどう対処していいのか分からないと連絡があったのですが。」

なんだこいつ。
自賠責の保険会社聞いてるだけなんですが。

担当から自賠責の保険会社と証券番号を教えてもらい、後遺障害を被害者請求で行う事を話し終了。
お礼の電話を相手にかけその際、
「書類を書く際にまたお聞きすると思いますので、その時は字とか分からない場合とか都合がいいのでLINEで連絡させていただきたいのですが(向こうもやってるらしく友達登録されてる)」
「…おれ、保険屋に全部任せてるんで。」

なんだこいつ。何でタメ口?
ちょっとイラッとなりながらも
「それじゃあ保険屋さんの方で確認させていただきますので、失礼します。」
と電話を切る。

去年の事故の件では加害者も普通に応対してくれたので、後遺障害の書類もすんなり書けたのですが、今回は保険屋の方で「何も教えるな」と釘刺されたのか、加害者の協力は難しそうな感じです。
とりあえずは書類取り寄せて自賠責の会社の方で問い合わせてみる事にしますが…最悪弁護士雇わなければならないんだろうか…。

ご覧いただきありがとうございます!
↓ポチッと押せば金運アップ…するかも?↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村
posted by koba at 19:33| Comment(2) | 事故(2014年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

自賠責治療終了

ども、さくらのブログが障害発生で懐パソブログ更新できないkobaです。

さて、久々に事故のお話。
今年の追突事故が起きたのが5月の末。
11月末で6ヶ月を迎えました。

往々にして保険屋が治療費保障してくれるのが6ヶ月。
9〜11月の休業損害の請求を12月頭に出していた事もあり、そろそろ来るかなぁ…と思ったら昨日の夕方に電話がかかってきました。

担当「お世話になります、あいおいニッセイ同和損保の○○です。」
koba「お世話になります。」
「先日提出いただいた休業損害の申請書確認しました。15日間ということで12万円お支払いいたします。現在手続きに入ってますので来週には振込みされると思います。」
「はい、ありがとうございます。」
「あと、治療の件ですが、先日当社のスタッフが、koba様の治療されている病院でお話を伺ったんですが。」
「はぁ。」
「治療についてはこれ以上は良くはならないという事で、症状固定との診断をされているそうです。」
「はい。」
「また、原因については以前の事故によるものであって、今回の件では影響が無いということだそうで。」
「え!?」
「当方としては来週をもって保障を打ち切らせていただきたいと思いますが。」
「…。」
「治療が終了しましたら書類を送りますので、確認いただければと思います。」
「了解しました。あ、父親の件はどうでしょう?」
「お父様の方はまだ主治医の方に話を伺っておりませんので、また改めてという事になりますが、状況から考えてkoba様と同等に扱おうかと考えております。」
「了解しました、そのように伝えておきます。」
「はい、よろしくお願いします。」


…という事で、ちょっと心外な展開に若干驚きを隠せない状況です。
まぁ、今日の治療で主治医の先生には「今回の事故が影響ないことは絶対無い!」と主張してきましたが。
明らかに以前の事故から痛みはひどくなっているし、痛いからまめに通院している訳ですから。
主治医の先生は「後遺障害申請するなら診断書書きますよ」的な対応だったので、後遺障害診断書に不利な事を書かれる心配はなさそうですが…昨日の時点では1回目の病院と変えるべきだったかなと後悔しておりました。
というか保険屋はこちらに不利な意見書出してくる気満々なので、絶対被害者請求ですね。

親父の方は今日聞いて見たところ、主治医に「良くなった」と話していたそうで…これはゴネても無駄に終わりそう(後遺障害申請しても診断書に「治癒」と書かれると認定は難しいです)。
という事で親父の分は後遺障害申請はせず、自分の分だけ行う予定です。
粉センはどうしようかなぁ…お好み焼き食いに行くか?とかいえば来るかな?(^^;

ご覧いただきありがとうございます!
↓ポチッと押せば金運アップ…するかも?↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村
posted by koba at 19:38| Comment(2) | 事故(2014年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

プロミス過払い答弁書到着

ども、kobaです。
ララさんのところがえらい事に…相当落ち込んじゃっているみたいですね…。
ララさんが今後どういう判断を下すかは本人のみぞ知る所ではありますが、結果がどうであれ、応援していきたいと思います。
いや、片方の意見だけ聞いてどうこう言うのもなんですが、ララさん献身的過ぎです…なんでそこまでしてって思うレベルで。
というか、サトさんの所もそうですが、夫婦で借金抱えている所は大変ですよね…自分1人だけなら自分を律すればいいだけですが(それができない人も多数いますが(^^;)、人を律する事は難しいですし…しかもパートナーとなれば他人として扱う事もできないですし。

さて、本題。
プロミスから答弁書が届きました。

141204_01.jpg

KCカードにせよアコムにせよ答弁書は直接来てから裁判所経由で来ていましたが、プロミスは裁判所のみからでした。
まぁ同じ文書が2通来ても煩わしいだけなので、そこを汲んでの事かもしれませんが。
内容は以下の通り。

上記当事者間における御庁表記事件につき、以下の通り陳述いたします。

第1請求の趣旨に対する答弁
1.原告の請求を棄却する
2.訴訟費用は原告の負担とする
との判決を求める。

第2 請求の原因に対する答弁
調査の上、追って認否する

第3 被告の主張
1. 第1案「金30万円を平成27年06月15日限り原告指定口座に振り込む」
第2案「金23万円を平成27年02月13日限り原告指定口座に振り込む」
上記のいずれかの内容で和解に代わる決定を希望する。

2.都合により弁論当日は出廷が出来ないため擬制陳述を希望する。


…えーと、どこからツッコんでいいのやら…。
「根拠は無いけど、原告の請求は無理!来年の6月に30万払うからそれで決定して!」
って事でしょうか。
和解ですらないのね…。
追って認否って、とりあえずこの答弁書で初公判は行うんですよね?
次の時にまで理由出しますって事でしょうか?
理由なんて無いと思うけど。
和解を希望するとか書いていたKCカードやアコムの方がまだ可愛げありますね。
まぁ可愛げがあった所で和解する気は毛頭ありませんが。

近いうちに電話来るかもしれないですね。
今回はアコムのような妥協はしないよう重々気をつけないと。

ご覧いただきありがとうございます!
↓ポチッと押せば金運アップ…するかも?↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村
posted by koba at 19:14| Comment(0) | 過払い請求(プロミス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。