2014年05月24日

テレビがやってきた#2

ども、新聞配達から警備の仕事まで3時間も時間空いてしまったkobaです。
一眠りしたいところだけど、寝過ごすのは怖い…。

さて、テレビがやってきた#1の続きです。

2.画面調整の謎
言うまでもなく、今のテレビ放映は16:9のサイズです。
このテレビ、今時というかこの16:9を前提で作っている感じです。
ところがうちにあるゲーム機、全て4:3の画面です。
16:9のいわゆるHD画質のゲーム機だとXBOX360、PS3などが挙げられますが、うちにあるのは昔のゲーム機ばかりです。
実家の32インチAQUOSは過渡期に作られたせいか4:3の時は自動で判別し、サイドが黒帯で表示されます。
が、うちの46インチ

140518_20.jpg

横に引き伸ばしてくれます。
左側に画面サイズ調整のメニューを出していますが、この中に「4:3」の文字はありません。
実際どの項目を選んでも横長のままです。

ちなみにこれはHDMI端子の入力1の場合。
コンポジット(黄赤白のアレです)端子でつなぐ入力4の場合は

140518_21.jpg

4:3のメニューがでて調整する事ができます。
なんでHDMIとコンポジットでメニュー分けるのかがもう理解できません。
フル1とフル2でわざわざ分けたりとかどういう意図で作ってるんよ(=_=;
「どうせHDMI繋ぐやつは4:3なんか見ぃひんやろ、4:3なんか見る貧乏人はコンポジットでええねん」
とテレビにどういうものを繋ぐか分かっていない製作者の思惑が見えてきます。
さらにこの入力4の端子

S端子がありません!

…いやー、ないわー(=_=;;
HDMI端子3つ+D端子つけるくらいならS端子つけろよ。
まぁコンポジットつけてくれたのは最後の良心とでも言うべきでしょうか。
幸いBDレコにもHDMIとコンポジットの両端子が付いているので、それぞれ入力1、4に繋いでBDレコの録画番組は入力1、ゲームは入力4で切り替える事でなんとか解決しました。

いやー、ちゃんとカタログでスペック確認しとかないとダメですね…。
さすがにコンポジットは注文前に確認してたんですがS端子はコンポジットあるんだからあって当たり前くらいに考えてました。
時代も変わったものです。

さらに次回に続く!(^o^;

ご覧いただきありがとうございます!
↓よかったらポチッとお願いします!↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村
posted by koba at 07:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。